あまり言いたくない海外(アメリカ含む)の電話番号を格安で持つ方法

P_20151115_155739[1]

 

今年に入ってから、イギリス出張が、出ては消え出ては消え、していて、いつ行くのかが、まだ決まっていません。

 

さて、

これはあまり言いたくないですが、これを言ったとしても、なんのメリットもないのですが。ただ、以前、お客様から、相談がありまして・・・。娘さんが、アメリカに留学に行くということで、留学先の学校から、アメリカの電話番号を用意してほしい旨言われたそうです。だから、SIMカードがほしいと。アメリカのですが。

 

ただ、このお客様の場合、某大手日系キャリアで契約されており、それをアメリカで使用するつもりだったようで、アメリカの電話番号を持つだけのために、新たにSIMカードを購入しよう、ということでした。契約期間の縛りが、なければ、新たにSIMの購入をお勧めしますが、解除するのに、違約金が発生しますし、最近その辺が、変わってきていますが。

 

 

電波自体は、この大手キャリアのものよりも、当店で販売しているもののほうが、電波状況はいいはずですが、かといって、契約してしまっては、二重に携帯料金を支払うことになってしまいます。

 

そのため、アメリカの電話番号を格安で、持つ方法を、ご案内いたしました。SIMカードわざわざ買わないで済むということで、お礼をいただきましたが(笑)。

 

その方法とは・・・

 

 

 

 

 

スカイプです。スカイプであれば、日本にいながらでも、アメリカ含む海外の電話番号持つことができます。自分も、通年SIMカード契約しているわけではない状況のため、年間契約で、アメリカの番号持っております。

そもそも、ですが、なぜ、アメリカの電話番号を申請するように、留学先から指定されるのか、といえば、単に、国際電話代、わざわざ払いたくないから、だと思われますが。

アメリカにいても、日本の携帯番号であれば、アメリカから電話をかければ国際電話代がかかってしまいます。(アメリカにいる友人からの電話がある場合は、それを考慮すべき、と思いますが。相手への配慮といいますか。)

 

まあ、自分のスマートフォンを見ると、無料通話できるアプリが何個も入っているわけですが。

 

 

一か月単位でも契約できますが、年間でも2400円です。というか年間契約のほうが、一か月あたりの単価は、安いです。

一つのアカウントでたしか、10コまで電話番号もてる、ということです。

 

エリアコードも自由に選べますので、滞在する予定のエリアのコードを選択することをお勧め致します。

 

他には、日本在住で、アメリカの銀行に口座を持つ場合などは、アメリカの電話番号、登録する必要があると思いますので、

そういった場合などに、使えます。どこのプリペイドSIMを使うにしても、契約が切れれば電話番号使えなくなってしまいますので(諸条件あり)、

アメリカで電話番号が長期で必要だけど、アメリカに住んでいないという場合は、必須アプリですね。

 

スカイプ

http://www.skype.com/ja/

 

日本から、アメリカのフリーダイヤルにも、スカイプを使用すれば、無料でかけられますし。

 

<スカイプでの電話番号取得方法>

PC画面で、説明致します。下記がログイン直後の画面です。数分で取得できます。

screencapture-secure-skype-com-portal-overview-1458477341315

中段あたり「機能を管理」のところに、「SKYPE番号」というリンクがありますが、そこから進んでいきます。(画面では青になっていますが、スカイプ番号をまだ一つも取得していない場合は、灰色で表示されます。その右のアイコンのように。

 

 

screencapture-secure-skype-com-account-1458477669671

 

画面左に、取得済みの電話番号が表示されます。(この例の場合、「別のSkype番号を取得」と右側に出ていますが、番号未取得の状態の場合は、若干ことなります。)。

 

で、次画面で、電話番号のほしい国を選択し、その次で、エリアコードなどを、選択し、番号が取得できます。カード決済も、PAYPAL決済も可能です。

 

 

下記国の電話番号が取得可能です。

スカイプ 電話番号取得 国選択

アイルランド、エストニア、オーストラリア、オランダ、スイス、スウェーデン、チリ、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ハンガリー、フィンランド、

フランス、ブラジル、ポーランド、マルタ、メキシコ、ルーマニア、イギリス、韓国、香港、南アフリカ、日本、アメリカ、

です。

 

しっかし、マイクロソフトに売却して、創業者の方は一体いくら、儲けたんでしょうね~。

以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です