GIFFGAFF プリペイドSIMカード情報 料金プランとVODAFONE UKのプリペイドカードの弱点

207

GIFFGAFFは、O2のMVNOですが、実店舗がないということもあり、コストは安めです。また、ヴォ―ダフォンのように、タブレット用とスマートフォン用で、SIMカードが分かれているということもありません。つまり、同じSIMカードで、どちらにでもアクティベートできます。昨年ですが、ロンドン周辺にて、一か月ほど、使用しましたが、屋外では安定して、データ通信できていましたので、通常の旅行用途であれば、問題ないかと思いますし、ヴォ―ダフォンよりも、安く済みます。テザリングも可能です。基本的にヴォ―ダフォンのPAY AS YOU GO(プリペイド)プランの場合、スマホだけでなく、IPAD用のプランもありますが、どれも、テザリングができず、かつルーター向けのプランも、プリペイドのプランはありますが、端末も一緒に購入する必要があり、端末自体が、60GBPします。そのため、テザリングもしくはルーター使用して、ノートPCを使いたい場合は、ヴォ―ダフォン以外のキャリアをおすすめ致しております。

 

ちなみに、ヴォ―ダフォンのプランに関しましてはこちら:

333
VODAFONEUKの場合、残高加算に、日本のクレジットカードは使用できません。そのため、現地もしくは、こちらでご用意することも可能ですが、残高加算用のヴァウチ...

 

 

 

ただいくつか注意点があります。

 

注意点:

・実店舗がないため、たとえば、ヴォ―ダフォンのように、データ通信ができない場合に、実店舗に駆け込めない

(この場合に、こちらにお問い合わせいただくか、GIFFGAFFの公式サイトで問い合わせて(英語)で、解決を図っていただく形になり、あまり、スマートフォンに詳しくない方には、

基本的には、お薦めいたしておりません。)

・屋内で電波をつかみづらい。例えば、キングスクロス駅すぐ近くの大英図書館の一回に展示室がありますが(2015年の5月は、マグナカルタの展示がやっていましたが)、GIFFGAFFが電波をほとんどつかまず、使えませんでした。(展示物の解説が、英語で、専門用語などしらべるために、使用したかったのですが、まったくできませんでした。)もっとも、屋内すべて電波つかまないかといえばそうではなく、構造や、場所にも、よりますので、まったく使えないわけではありません。

・国際ローミングが高い(ヴォ―ダフォンとの比較で)ので、ヨーロッパ EU 周遊向きではない

 

上記点が問題ないということであれば、イギリス国内だけのご滞在の場合、GIFFGAFFのほうをお勧め致しますが、屋内でのテザリングが必ずしもできないことはご了承ください。基本的には屋内でも、テザリングができる場合のほうが、多いと思われます、実際のところ、こちらがロンドン周辺で一か月検証した結果、そうでした。

 

GIFFGAFF 対応周波数:

900 MHz       GSM/GPRS/EDGE        2G
1,800 MHz    GSM/GPRS/EDGE        2G
900 MHz        UMTS/HSDPA/HSPA+  3G
2,100 MHz     UMTS/HSDPA/HSPA+  3G

 

Band 20 LTE(800Mhz)

O2のMVNOのため、O2と同じです。現在LTEは、20のみ使用可能で、今後増える可能性があります。

 

エリア:

http://www.o2.co.uk/coveragechecker

 

GIFFGAFF スマホ向けプラン Goodybags

4G対応。テザリング対応

 

 

IPAD・タブレット・ルーター向けプラン Gigabags

 

アクティベート:

日本でも可能です。

 

決済:

日本のクレジットカード・デビットカード使用可能です(すべては検証しておりませんので、使えないカードもあるかもしれません)。

 

通話料:

https://www.giffgaff.com/compare-pay-as-you-go-tariffs

キャリア別の料金比較が確認できます。

 

日本への通話料:

https://www.giffgaff.com/index/international

このページで、Japanと入力すれば、通話料金が表示されます。

 

より詳細な簡易マニュアルを、ご購入者の方へ配布いたしております。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です