海外旅行保険の請求 

P_20151114_195321[1]

画像は、チャイニーズモンゴリアンバーベキューです。ここのコンセプトはいいです。金額も、安いですし、マックとくらべても。
好きな具材を選んで、その場で、焼いてもらえます。ファストフードで、なるべく野菜を取りたい場合は、おすすめです。豆腐もありました。納豆が、日系スーパー以外で見つからず、毎日日本では納豆を食べているので、豆腐を代替にしようと・・・。納豆買いに、リトルトーキョーのニジヤさんに何度か行きましたが。あまりやすいと、食材がおっかなかったりしますが。米系スーパーでも豆腐は見つかるのですが、日本のものと比べると数段固いです。

 

 

味的には、パンダエキスプレスのほうが、同じ中華系ファストフード店でも、味がローカライズされている感じで、アメリカ人にうけそうですが。
しかし、中華系のファストフード店は、メヒカーノ、メヒカーナが、調理しているのが目立ちました。パンダエキスプレスは、一店行っただけですが、調理場は、
ほぼ、メキシコ系でした。メキシコ系といったほうが正確ですね。もっとも、カリフォルニア州ですと、人口の半分がメキシコ系ですが。

 

カリフォルニア自体、もともとは、原住民が住んでいましたが、それが、スペイン領になったり、メキシコが独立してメキシコ領になったあとに、アメリカとメキシコの戦争で、アメリカの領土になったという経緯がありますが。
もともとは、スペイン領だった、というブログをたまたま見ましたが、それは、それで、歴史を無視した記述だったりします。どの視点から日本人か語っているんだ???ということですが。

https://goo.gl/MSMKKs

メキシコは、通貨はペソですが、フィリピンも、ペソです。

 

NYはメキシコ系の比率はもっとひくいと、友人の某外資系コンサルの人が言っていましたが。(NY在住)

南米自体、ブラジル以外は、スペイン語ですが、アメリカもメキシコ系が多いと、それだけ、スペイン人からすると、言葉の上では旅行がしやすい、わけですが。

さて、本題から思いっきり、ずれましたが、最近やっと、前回の保険の請求が終わったので、アップします。ハリウッドの宿のランドリーで、前回、乾燥中ちょっと、離れた隙にシャツが盗まれてしまったのと、
スマホを落としてしまって、液晶がこわれたのと、現地滞在中に、スマホ充電用ケーブルが、8本こわれたのと、湿疹が、三回できたので、
保険を請求しました。シャツに至っては、そのとき乾燥中のもので、一番高いものを選んで持って行かれました。あの、古着屋が多い通りにもっていけば、多少の金額になったかもしれません。

 

もっとも、USBケーブルと、湿疹に関しては、保険請求はしませんでしたが、面倒なので。USBケーブルが8本壊れたのは想定外でした。結局現地で、USBケーブルを買うのに、実店舗では、大体高く、一万円くらい使ってしまいました。
買って数日たたないで、壊れたり。で、湿疹も治ったら消え、治ったら消えで、合計3回できて、なにもしてなかったので、いまだに治っていません。これを現地で治療したら、こちらが支払った保険代金以上はかかっていたはずです。特にアメリカですし。

 

こういった治療の場合は、帰国後2日間までに医療機関で治療し始めないと、保険の対象にならないそうで、面倒なので治療にはいっていません。前回イギリス行った際にも湿疹ができ、そちらはイギリスの市販の塗り薬ではすぐに治らず、マツキヨの店員さんおすすめの塗り薬を、帰国後に購入し使ったところ、2日くらいで消えましたが。ちなみに今回は、AIUさんでしたが。東京海上の代理店をやっている方が知り合いでいたので、そっちで契約しようかと思ったのですが、直前だったので、証書が受け取れないと、駄目だということで(サポートで確認しましたが。結局東京海上も空港では即契約できたりするのですが)。で、シャツの保険代金はすでに支払ってもらっているのですが(保険の請求からの振り込みが結構早かったですが)、現在、スマホはどうなるのか、というところです。このスマホ自体は、乗り換えだったので、無料だったのですが、修理代金がかかる、状況なので。

 

うーん、どーなるんだろー???
このところ、旅先で、湿疹に悩まされています(笑)。ロンドンとか、6月でも、唇がピキッとするくらいでした。

 

 

しかし、米国滞在中、小さな酒屋で薦められたビールが、ブルームーンという銘柄のビールだったのですが、現地のセブンで買うと、6本で9ドルくらいなのですが、日本のスーパーで買うと、1本で、400円くらいします。軽減税率も適用されませんが。

 

http://www.fashionsnap.com/the-posts/2013-06-23/bluemoom-tasting/

 

生産国がベルギーだったので、ベルギーのものかと思いきや、アメリカのビールだったようで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です