イギリス出張 2018年11月 16日間

イギリス出張 2018年11月 16日間

cropped-P_20170711_083140_vHDR_Auto1.jpg

(画像は、セブン・シスターズ 2017年撮影)

 

いやー、約一年4ヶ月ぶりのイギリスです。日本では、2019年消費税増税ということですが、現在まだ、イギリスのEU離脱の離脱条件が決定されていませせんが、テロの脅威もほぼなくっており、昨年とは、体感的にゆるくなった気がしています。落ち着いた感があるというか。昨年、イギリス人、ピリピリしていた感が、個人的にあり。ここ数年では、一番ひどい時期でしたし、2017年は。

 

2017年時点あたりで、ちらほら聞いていましたが、イギリスに拠点を置いていた金融機関も、フランクフルトへ移転ということで、日系大手銀行の殆どは、フランクフルトへ移転するようです。Hard BREXIT 前提で。

 

で、出国前に、ポール・マッカートニー来日という記事を読みました。ここ数年で、4回、イギリスに来ていますが、うち2回は、ポールと行き違いです(爆)。

 

2014年、行方不明とか、墜落事件とか、あったマレーシア航空で来ましたが、クララルンプルで、一回入国しなければならず、

合計40時間近くかかるチケットでした(爆)。ちなみに、マレーシア航空は、2014年がひどい状況でしたので、その後、政府系ファンドが買い取り、実質国有されている状態なようです。じゃないと、潰れてしまう危険があったのだろうと、思います。あまり乗りたくないでしょうし。ロシア側(具体的には、ウクライナの親ロシア派も、マレーシアに恨みがあったわけではないでしょうが、間違って撃ち落とされては、たまったものではないですし。もっとも、ルート的には、ウクライナの東部の飛行機墜落したはずのドネツク上空は通らず、トルコ上空を通り過ぎて、西ヨーロッパに入ってきた感じでした。)

 

で、個人的なことですが、高校時代の友人が、一人、ロンドンに転勤となり、かつ、もう一人、高校時代の友人が、イギリスにもう13年も住んでいるのを見つけて、会ってきました。片方は、もう、某大手企業のエリートサラリーマン(笑)で、もう片方は、もう、18−9年ぶりくらいの再会でした。

 

今回の滞在は、仕事ばかりで、友人と合う以外は、ほとんど仕事なので、観光している時間はありません(爆)

 

で、ふとロンドンの中華街行ったことがないことを思い出し、そもそも、特に興味もないのですが、日本にもありますし、ヨーロッパ在住というわけではありませんし、基本的に日本在住なので、中華食材は、手にはいりますし、バックパッカーで、ずっと旅しているわけでもありませんし、ただ、行ってみたら、でかいですねー。リバプールの中華街とか、もう、壊滅的というのは、大げさですが、数件、レストランがやってた程度でしたが、昨年。

 

https://gotrip.jp/2017/12/79454/

 

こちらのサイトの記事を参考に、「Joy King Lau」に行ってきました。金曜の夜ということもあり、友人が、気をきかせてくれて、予約をしてくれて、

実際のところ、席が3,4階あたりまであったようですが、フロア満杯になるくらいお客さんは入っていましたし、中華街そもそも、人が多かったので、予約していくことに越したことはないですねー。

ただ、美味しいは美味しかったのですが、ビールが、スーパー価格の4倍でした。スーパドライの330MLの瓶が6GBPくらい。。。

スーパーで買うと、1.3GBPで売っているのを見かけました(爆)。

 

ロンドンの冬は、キエフより寒くなく、北関東と同じくらいな気がしています。

 

で、今回、これから、ドイツか、フランス経由で、ハンガリーに向かい、年明けに、ロンドンに戻ってくる予定となっております。

 

つづく。

 

次回、ロンドン周辺最安宿状況、ロンドンノマドスポットをアップさせていただきます。