海外旅行・出張・留学などにおすすめのSIMフリーアンドロイドスマホ 2018年版

P_20170721_184844_vHDR_Auto

(画像はロンドン在住のドロイド君です)

 

ということで、IPHONEではなく、アンドロイドに絞って、ご紹介させていただきます。

 

まず、ですが、気をつけなければいけないのが、LTEのバンドは、国によっても、その国の中でも、キャリアによっても、異なるのは、どこいっても、日本と同様かと、思われます。

 

仮にたとえば、ヨーロッパの何処かに長期滞在する場合だと、周辺国も行ったりするものだと、思いますが、

スマホの対応LTEバンドは、多いに越したことはないわけです。

 

で、日本で販売されている格安アンドロイドスマホは、調べればわかりますが、LTE対応バンドが少ないです。

格安の場合、ASUSでも、ファーウェイでも、なので、

 

その中でも、上位のほうの機種であれば、LTEバンドは13−15バンド対応していますので、そちらをおすすめします。

 

ちょっと古いですが、 ASUS ZENFONE 3 デラックスの場合(2016年発売)、

対応LTEバンドが広く、イギリスのGIFFGAFFのLTEバンド、及び、アメリカ AT&Tのバンドは、ほぼカバーしています。

(個人的に、両国に行く機会が、多いため、両国で使えるものを選択して購入していますが)

発売当初に購入した際は、6−7万円くらいでした。

 

で、ファーウェイでも、ASUSでも、そのくらいの価格帯のものを調べることをおすすめします。

 

上記機種の場合、そもそも、発売が、2016年後半だったため、今後の、OSアップデートがどこまで対応するか、ということもありますが、 Android 8.0 Oreo は対応するようです。

 

最近の機種で言えば、

たとえば、 ZENFONE 4 PRO はおすすめです。

https://www.asus.com/jp/Phone/ZenFone-4-Pro-ZS551KL/

アマゾン販売ページ

https://amzn.to/2Jqe4O9

 

 

ZENFONEに関しては、 ZENFONE 4 MAX  PROという機種が、ビックカメラ限定で販売されています。

ZENFONE 4 MAX  も電池持ちがいいですが、それを上回ります。

 

https://amzn.to/2Jr4MkE

 

ただ、これ気をつけなければいけないのが、

LTEバンド20に対応していないのです。LTEバンド結構カバーしている機種なのですが、で、LTEバンド20は、イギリスでは、どこのキャリアでも、使えるバンドなので、そこを外したのは個人的に残念であります。

この機種、リーズナブルですし。

ZENFONE 4 MAX  PROはビックカメラ限定ですので、日本以外では基本的に正規での販売はされていないようで、

ZENFONE 4 MAX  であれば、イギリスでも、アメリカでも発売されていますが、仕様が、微妙に違う、ようです。

 

もっとも日本国内で海外の端末を使用する場合は、一応ですが、電波法のからみはありますが。一応。これだけ、外国人が日本でも増えていますが。

もっとも、以前から、海外端末を、日本で並行輸入して販売すること自体には、なんの規制もありませんでしたが。

 

GIFFGAFFの場合、対応LTEバンドが20なので、20が使えないのはイタイ、ところです。

 

 

2018年7月現在、ZENFONE5シリーズだと、広範囲なLTE対応端末が出ていないようですので、

LTEの側面からいえば、ASUSでは、現時点では、

ZENFONE 4  PROがおすすめかと。

 

ファーウェイでも、同価格帯のものであれば、広範囲なLTEバンドに対応しています。

 

にしても、ASUSが、あえて、20をはずすというのは、イギリスと中国と台湾の間で、何か力学が、動いているのか、と、

思ってしまいます。ファーウェイは中国ですし、イギリスとの結びつきは、強いですし。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です