ここ最近のイギリスと日本企業

P_20170721_184844_vHDR_Auto

(画像はイギリス在住のドロイド君です。2017年撮影)

 

さて、昨年だったか、ヴァージンの路線で、日本製の車両が導入されるということで、駅とかにポスターが、貼ってありました。

「あずま」です。で、昨年導入され、初期トラブルがあったということで、日本でもニュースになっていましたが、

どこで製造されたかも、問題ですが。

イギリス国内で工場もつくったようで。

 

で、日系企業が、イギリスで鉄道運営にも、乗り出したということで。

https://toyokeizai.net/articles/-/184328

 

 

こんなのもありますね。

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20180312/

 

 

で、数ヶ月前に気になったのが、

日本の原発です(日立)。イギリスで導入が決まり、債務保証を、イギリス政府がすることになった、ということで、

太っ腹だなー、と思いました。日本の銀行からの借り入れも、保証する、ということで。

http://www.tv-tokyo.co.jp/zipangu/backnumber/20180312/

 

原発事故があった国ですから。日本は。日系以外の企業も絡んでいますし、イスラエルメーカーのセキュリティカメラなんかも、

日本の原発で、使われていたそうですが。

もっとも、コスト的な問題と、イギリスは、地震がほとんどない、ということも、考慮されているべき必須事項のはずで。

 

個人的には、歴史的な背景もあり(アヘン戦争とか、香港とか)、中国との結びつきが、イギリス強いように感じますが、

日本との結びつきは、強いに越したことはない(日本側にとって)、と考えております。当たり前ですが。

 

 

大体、どこのヨーロッパの国に行っても、日本人より、中国人のほうが、多いと単純に推測しますが。

だって、どっちの国のほうが、あてにならず、どっちの国のほうが、人口多いんだ、ということですが。

 

ただ、あれだけの人口の国をまとめるのは、その10分の1の人口の国をまとめるのと、どれだけ難易度が違うのか、想像すらできません。

日本含め先進国は、自由であることのコストがかかっているように見えます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です