とあるフランスの無名バンド

P_20170723_201416_vHDR_Auto

このショップとは、別の仕事で、とあるフランスの無名バンドにコンタクトをとりました。大した用事ではなく、CD一枚売って欲しい、というただ、それだけのことだったのですが。

 

ミュージシャンって、そもそも、コンタクトをしても、例えば、マネージャーさんなり、事務所の方なりが、代理で対応している場合は、別だと思いますが、レスポンスが、そもそも遅い(笑)。

 

で、最初に問い合わせてから、CD発送してもらうまで、数ヶ月かかりました。その間、たまたま、私、パリにいたので、パリか、ベルギーに送ってほしい、と伝えたら、すぐ送れる、といっていたものの、こちらが移動しなければならなくなったために、日本に送ってほしいといったところ、数ヶ月連絡が途絶え、数ヶ月後に、フェス参加とかあったんで、忙しかったと、連絡が来ました。

 

で、送ってもらったのですが(結局 送料も代金も無料で)、送ってもらったのはいいですが、いつになってもとどかない、

とどかないので、もう一回、連絡して、再発送してもらい、やっと手に入れた頃には、最初にコンタクトをとってから半年はたっていたか・・・。

 

で、届いたのは、いいのですが、彼ら本国でも、まだ、無名なんだと思います。日本の掲示板教えてほしいと、自分らのマーケティングのために、なので、いや、日本には、2Ch以外、あまりないよ、と、YOUTUBEとFACEBOOKで、十分だよ(ジャンル的に実際掲示板とか見ない音楽ジャンルで)、と

伝えておきました。

 

 

以上、単なる日記でした。

 

 

追記:フランス語つながり、ということで、とあるキエフのカフェで、カウンターで注文して、受け取る際、「ボナペティ」と何度か言われました。キエフは、ロシア語も、ウクライナ語も通じます。が、このワードは、フランス語です。いや、フランス語で言うのはいいとしても、一瞬、じゃあ、自分は、では何語で返せばいいのか、ふと、数秒、考えてしまいます(笑)。

 

日本語でも、外来語はあります。たとえばサンキューということは、一般的にあるわけですが、それに対して、別に英語で、話を続ける必要はないわけで、メルシー(ありがとう)で、返すのは、日本的には、違うんじゃないかと(実際何語で返しても、相手がわかれば正解でしょうが)。そもそも、その店員さんは、英語わかるので、英語で、注文聞いてくれるので、数秒、考えてしまった。

かつ、ウクライナ、キエフはいいですが、ロシア語使うと、ウクライナ語を使うように言われたりする地域もある、、、(エリアによって。国家間の状況が悪いので) キエフは、ロシア語で問題ないので、ロシア語で返してもいいわけで、、、が、

 

???何語で返せば???

と思ってしまった、ということです。

 

スパシーバ(ロシア語でありがとう) なのか

サンキュー(英語でありがとう) なのか

メルシー(フランス語でありがとう) なのか

ヂャークユ(ウクライナ語でありがとう) なのか

ありがとう なのか

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です