ファ○ザー製薬 チャンピックスの各国の価格 と、アメリカ、ヨーロッパ旅行でお薦めのお土産

figure_service

さて、、、前提として、ですが、まず、ニコチンガムは日本では高いす。(イギリス、アメリカとの比較の場合では)。

ニコチンガムの価格が、アメリカとイギリスの場合、日本の約半額くらいでかえます(ファイザー製。もっとも、寿司も、海外先進国では、高いです)。

がしかし、禁煙補助薬のチャンピックスは、保険適用後の価格は、日本も安いです。

 

なので、ニコチンガムをかんで、禁煙するよりも、最初から禁煙外来にいって、チャンピックス処方してもらったほうが、日本では、いいのではないかと、思います。

 

(なので、アメリカ、ヨーロッパその他の国にいったら、ニコチンガムはお薦めのお土産にはなります(笑)。ただ、

医薬品を個人で持ち込むには、量の制限がありますが。)

 

 

 

日本の価格では、

最初の2週間のスターターパックが、

2000円弱でかえます(薬代 保険適用後)。禁煙外来は3ヶ月ですので、3ヶ月で、合計、診察料も含め2万円弱で、済みます。

 

もっとも、保険適用外になる場合もありますが。

参考:

http://minasehp.jp/minase-hospital/medical-kinen.php

 

これが、イギリスの場合、

https://onlinedoctor.lloydspharmacy.com/uk/stop-smoking/champix

2週間のスターターパックが、52GBP ということで、7000−8000円かかります。

 

もっとも、イギリスの場合、基本的には、医療費が無料の国です。ので、NHSに加入できれば、基本無料ですので、

薬代だけの負担ということになる、と思いますが、

 

こちらによれば、

https://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/health-news/anti-smoking-drug-linked-to-suicides-given-nhs-approval-788577.html

 

12週間で、163GBPくらい、ということです。実際はしりませんが。

 

 

52GBP(7000−8000円)というのはプライベートドクターの問診の費用も含まれているものと思われます。

イギリスでも、この薬は、処方箋が必要な薬です。

 

つづく、、、?

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です