海外旅行保険 現地で延長するのか、現地で新規で加入できるのか

2014-10-17_192323

日本国内で、海外旅行保険に入った場合、通常、留学などでなければ、短期のものだと思います。どの保険がお薦めかというのは、置いておいて、国内の旅行保険の場合、現地でも、一定期間までは、延長は可能というのはご存知の通りです。(大体3ヶ月までとか 詳細は保険会社にお問い合わせ下さい)。

 

カード付帯の保険でも、期限の制限はあるのはご存知の通り。そもそも、カード付帯の保険があれば、手薄なところを、バラ掛けすると、

コストが安くなりますね~。(海外旅行保険バラ掛けできる保険でいえば、損保ジャパンさんが有名ですね~。携行品損害保険は、たとえば、JCBカードに追加でつけられるトッピング保険でも、カバー出来ます。国内外でカバーされます。JCBのトッピング保険も引受会社が、損保ジャパンさんだったりします。他、損害賠償の保険とか)

参考:

https://www.jcb.co.jp/service/safe-secure/insurance/topping-insurance/index.html

 

(ただ、このトッピング保険の携行品損害だと、スマホとPCがカバーされません 参考:上記ページ)。

 

 

で、下記は、あくまでレアケースになると思いますが、日本在住の方の場合。

3ヶ月超えてしまって、もう保険が延長出来ないという場合に、入れる保険は、あるのかといえば、日本以外で探せばあります。日本の保険会社の保険ですと、入れません。国外に出た後の場合。

 

検索して出てくるのが(日本語で)、

大体、オーストラリアのバックパッカー向けの保険と

アリアンツの代理店のフランスの会社さんです。

http://www.acs-ami.com

オーストラリアの保険はとりあえず置いておいて(金額が高めのため)

ACSさんは、日本の保険と比較してもリーズナブルですし、お薦めです。(確か携行品損害がカバーされていなかったような、ただ、JCBのトッピング保険(携行品損害)も日本離れる前から加入していた記憶が。。。)

 

何度かお世話になりました。

 

検索すると、大体、この2つしか出てこないですが、アメリカの代理店であれば、どこも入れそうですねー。アメリカ行かなくても、

入れましたが。旅行保険であれば。アメリカ国内の保険代理店ということですが。

 

昨年日本帰国せずに、ヨーロッパからアメリカ行く前に、調べていたので、アメリカしか調べていませんが。

日系の代理店、つまり、現地の日系人向けにやられている会社さんの場合、日本語も通じますし、そもそも、日本語で集客されていたりします。

 

 

 

ただ、アメリカの保険でも、生命保険は、ESTAではなく、正規の滞在ビザが必要ということでした。ついでに聞いてみたのですが。

 

もっとも、国内法とのからみもありますが。生命保険の場合は、日本在住者の場合(総理大臣の許可)。

 

私が、入ったアメリカの保険は、入院時の自己負担が必ずあるものでしたが、高い保険料でもなかったというのが率直な感想です。

 

なので、旅行先の国の保険の代理店で聞けば入れる保険もあるかもしれませんが、そもそも、日本語でやり取りしたい場合に、

日本の保険に入れないわけですから、日本語で集客されているところであれば、日本語でやり取りできるのは?、ということですが。

日本語にこだわる必要がそもそも、ないかもしれませんが。

 

昨今日本でも、海外からの旅行が増えて、医療機関で、代金踏み倒すケースが増えているようで、

その関連で、入国時に保険に入っているかどうかの審査が始まるようですが、

保険自体そもそも、保険なので、入っていなくても、万が一の場合に資金があれば、支払いできるわけですが。

入国時に調べたからと言って、どこまで防げるかというのはありますが。

こんな迷惑な話はないわけです。日本からしたら。

 

 

保険は入っておいたほうがいいですねー。

 

たまに、日本人長期旅行者でも、無保険、見かけます(実際のところ)。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です