AT&T プリペイドSIM Gophone スマートフォン向けプラン アップデート 2017年5月現在 最新プラン

2204

 

さて、AT&Tのスマートフォン向け Gophone プリペイドプランですが、今年、更にデータ量が増えました。

下記が、2017年5月現在、最新のものとなります。ここ数年で、データ通信の割り当て量が、かなり増えており、現在、65ドルのプランでは、22GBまで高速通信で使用でき、かつその後は、最大でも3MBまでしかスピードがでなくなりますが、無制限で、データ通信可能です。また動画のストリーミングの場合は、22GBを使い切ったあとは、1.5MBを上限として、制限されます。それ以上のスピードでは見れないということです。

 

1か月22GBもあれば、特に普通の旅行で、マップ検索、旅行情報収集、メールチェック、FACEBOOKなどの使用であれば、半分以上余る方のほうが、多いのではないかと思われます(使い方にもよります。)。

 

また、45ドルプランも、データ量割り当てが4GBから6GBまで増え、かつ、45ドルのプランでも、割当データ量の半分までは、カナダ・メキシコでも、国際ローミング料金なしに、データ通信ができるようになりました。

 

ただ、もう一点大きな変更点があります。

 

それは、テザリングをするには、65ドル(以前の60ドル)のプランではできなくなってしまったということです。テザリングをするには、45ドルのプランを選択する必要があります。

 

そのため、以前、直近の更新前の60ドルのプラン(現在の65ドルプラン)と比較すると、たとえば、8GB/30日 使う場合は、データを追加購入する必要が出てきますが、

3GB/20ドル

1GB/10ドル

で、追加購入できるため、65ドルで、合計9GBの高速通信が可能となります。直近では、60ドルで、8GBだったのが、65ドルで9GBまで使えることにはなっておりますので、3GBを追加購入することで、1ドルあたりのデータ通信量は、若干良くなっております。

 

8GB使う場合は、合計65ドルかかることになりますが、2GB追加するのと、3GB一度に購入する金額が65ドルのプランでは、同じのため、3GB購入してしまったほうが、いい場合もあるかと思います。(65ドルのプランではデータ購入ができなくなった反面(ほぼ必要なくなった)、45ドルプランで追加購入できるデータの金額が、500MB/10ドルから、上記金額に変更となりました。)

 

もっとも、追加購入されない場合のほうが、45ドルプランは、直近の45ドルプランと比べると、2GB増えていますので、お安くなっております。

 

また、2017年から、Stream Saverというサービスが始まりました。これは、ビデオのストリーミングで使用されるデータ通信量が無料となるもので、通常の鮮明度で(480pまで)、高鮮明度のビデオが、割り当てデータ量の消費なしに、見れるものです。つまり、簡単に言えばですが、65ドル・45ドルのプランなどでは高速通信の割り当てがありますが、ビデオのストリーミングでは、割り当てデータ量が消費されなくなる、ということです。

 

65ドルのプランは、もうほぼ無制限といっても、いいと思います。

 

で、Stream Saverに関しましては、65ドル、45ドルプランともに、割当データを使用仕切った場合は、1.5Mbpsが上限となります。(45ドルのプランの通常のデータ通信速度は、128KBPS(最大で)、落ちてしまいます。)

 

また、以前から、2Gでの通信は、廃止予定でしたが、2Gでの通信は、2016年12月31日以降、出来なくなっております。

 

 

プラン名 米国内通話 米国内メッッセージ(text, picture, video) Mexico,Canada 及び 100カ国へのメッセージ送信(テキスト・画像メッセージ・動画メッセージ) Data/mobile Web
$65 Monthly Plan(自動更新設定により、2か月目から60ドル。未使用のデータ量に関しましては、持ち越されます。テザリング使用不可 ・無制限(Go phoneがカバーしている国内エリア内)・米国からカナダ・メキシコへの発信を含む

カナダ・メキシコからの発信も含む

・日本へは別料金

・送受信無制限(Go phoneがカバーしている国内エリア内) カナダ・メキシコへの送信 無制限。他100ヵ国以上へのテキスト・画像・ビデオメッセージ送信 無制限att.com/gophoneintltext.j

(日本へは別料金)

22GBまでは高速データ通信可能(カナダ・メキシコで国際ローミング料金なしに割り当てデータ量の半分まで使用可能。)それ以降は、上限スピード3Mbpsであれば、プランの有効期限内で、無制限でデータ通信可能。
$45 Monthly Plan(自動更新設定により、2か月目から40ドル。)未使用のデータ量に関しましては、持ち越されます。

 

テザリング使用可能

・無制限(Go phoneがカバーしている国内エリア内) ・無制限(Go phoneがカバーしている国内エリア内) ・アメリカからメキシコ・カナダを含む下記100カ国以上への場合、テキスト送信、無制限att.com/gophoneintltext.

(日本へは別料金)

6GBまでは高速データ通信可能。 それ以降は1GB/ $10、3GB/$20でデータパッケージを購入するか、もしくは、128KBPSであれば、プランの有効期限内で、無制限でデータ通信可能。(カナダ・メキシコで国際ローミング料金なしに割り当てデータ量の半分まで使用可能。)
$30 Monthly Plan(自動更新設定により、2か月目から25ドル。)

(未使用分のデータ通信の持越しは、できません。

・無制限(Go phoneがカバーしている国内エリア内) ・無制限(Go phoneがカバーしている国内エリア内) ・アメリカからメキシコ・カナダを含む下記100カ国以上への場合、テキスト送信、無制限att.com/gophoneintltext.

(日本へは別料金)

・$5/250MBでデータパッケージを別途購入することで、データ通信可能

 

カナダ・メキシコでの国際ローミング料金なしでのデータ通信をご希望の場合は、65ドルもしくは45ドルプランを選択する必要があります。

 

また、Multi-Line Discounttという割引オプションが2017年に始まり、65ドル45ドル、30ドルのプランをメインの回線で選択することにより、追加回線の料金が割引になります。(ただ、支払いは、一人の人が、まとめて支払う必要があります。)これも、2017年はじめは、30ドルのプランをメイン回線にすることができなかった分、より、使いやすくなっております。

 

簡単に説明すれば、最大5台まで契約でき、

2台目 5ドル割引(65ドルプランであれば55ドル)

3台目 10ドル割引

4台目 15ドル割引

5台目 20ドル割引

 

カナダ・メキシコでの国際ローミング料金なしのデータ通信などに関しましては、条件としては、一か月あたりの使用量の割合が、アメリカ国内で50%以上使うことが条件となります。つまり、通話受信発信の分数、テキスト数の合計、データ通信量、のカナダとメキシコでの使用量の合計が、各割当の50%を超えてはいけない、ということです。

これを超えてしまうと、サービスが停止される可能性があります。

 

 

また、下記のプランも、スマホでもいわゆるガラケーと言われる携帯電話でも使用可能になっております。

上記3つのプランは、30日間のプランのため、それより短いご滞在の場合は、下記のプランを選択することで、総コストを節約することが可能です。

プラン名 米国内通話 米国内テキスト データ通信
$2 /day一日プランです。まったく使用しない日は、課金されません。CT(セントラルタイム(中部標準時)の深夜24:00までが有効期限です。それ以降は再度、ご購入いただく形となります。)

ただ、バックグランドで、アプリなど自動更新される設定の場合は、端末側で自動で通信してしまうため、そういった設定を変更する必要があります。

 

無制限 無制限 スマートフォンの場合:データパッケージを購入する(1USD/100MB)

 

 

携帯電話の場合:

データパッケージを購入する(1USD/100MB)

か、1¢/5KBでの使用

 

1分25¢プラン 25¢/1分 20¢/  a message

もしくは、メッセージパッケージを購入

*このプランでは、スマートフォンでは、データ通信ができません。

携帯電話の場合:1¢/5KB

 

2ドルプランの場合、スマートフォンでは、100MBのデータパッケージを追加購入する必要があります。この場合、購入日のCT(セントラルタイム(中部標準時)の深夜24:00になるか、もしくは、100MBを使い切るか、どちらか早いほうに合わせて、データ通信が出来なくなります。

 

ご使用例:

・アメリカ1週間ご滞在のご予定の場合でスマートフォンをご使用ご予定の場合

2ドルプランと、データパッケージ 1ドル を購入することで、1日3ドルで、1日100MBまで、データ通信が可能。7日間の合計料金 21USD(合計データ通信可能量 700MB)

 

当店にて、AT&T SIMカードご購入のお客様へは、より詳細な日本語簡易マニュアル(PDFファイル A4で40ページ以上にわたる)、をお付けいたしており、ご使用前・ご使用中もサポートさせていただいております。

 

 

(トップ画像の著作権は、Freepikに帰属します。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です