イギリス 花粉症? 発症 2回目 Hey fever

P_20160419_094205

 

とある、ロンドンからちょっと北にある街で、夜中に眠れないので、外をフラフラしていたら、通行人の人に声をかけれれました。

夜中の3時です。

「ライターもってる?」

と聞かれたので、ライターを貸す。

その後、こちらが暇だと、思われたのか、話かけてきて、

「実は、今警察に釈放されてきたところで・・・」

「何したんですが?」

「いや、奥さんと、口論になって、警察に通報されて、今日逮捕されて、事情説明して、釈放されたんだけど、家に奥さんが

いるから、入れないんだよ(60歳前後の方)。」

はじめビビりましたが、 思わず笑ってしまいました。

どうやら、以前に、口論になったときに、二回くらい、奥さんを通報してたらしく、今回は、やり返されたようで、、、。

ヨーロッパの某国出身で、その街には、あまり知り合いは多くなく、泊めてもらえる人をさがしていたようで、見つからないので、

食料を買いにうろついていたところだったようで、、、。

5分くらい、国の自慢を聞かされました(笑)。夜中に道端で。スマホで、お国自慢のビデオとか、見せられたり(笑)。

お前、時差があるから、寝れないんだろ、と言われつつ。

 

 

さて、全然話は変わりますが、実は、今回、イギリス滞在は、3回目なのですが、2回目と、今回、どうやら、花粉症になってしまったみたいで、、、

 

毎年、日本では、花粉症にならないので、自分では、花粉症持ちではないし、アレルギーも持っていない、と認識していたのです。実際、日本の健康保険でカバーされる、一般のアレルギー検査では、アレルギー反応は、検出されなかったのですが(2016年受診)。

、、、。

1回目は、湿疹が、でただけで、花粉症ではなかったのですが、

2回目は、咳、くしゃみ、全身のかゆみ(花粉症が原因かどうかはわかりませんが)

3回目は、鼻水、咳、微熱

という状況で、実際のところ、なんらかのアレルギーである、との受診結果で、必ずしも花粉症とは限らないのですが、時期的に、春は、イギリスでも、花粉症のシーズンで、実際のところ、ロンドンを歩けば、あちこちで咳をしている人を見かけます。芝花粉が多いとのことですが。

 

で、海外旅行保険でカバーされますし、こちらのお医者さんのほうが、状況詳しいでしょうし、前回診ていただいた際は、第2世代の抗ヒスタミン剤(antihistamine)を処方され、今回も、同じ薬を、処方していただきました。

 

もっとも、あまり海外旅行保険は、使いたくないのですが。過去に、請求が多いと、保険会社によっては、病気でも、携行品損害でも、一定回数を超えると、保険契約自体が、

できなくなってしまいますし。過去3年間で、2回とか。

 

 

第二世代の新しいものが出ているとのことだったのですが、きくかどうかは飲んでみないと、分からないということだったので、以前と同じ薬を処方してもらっています。前回、薬を飲んだら、2日目にほぼ完治しているような状態で、その後薬を飲む必要がないまま、日本へ、2週間後くらいに帰国した経緯があり。薬自体は、効くだろうと。

 

専門医の方ではないので、検査してみないと、はっきりと、これがアレルゲンです、とは、言えないのだと、思います。推測はできるにしても、原因はいくつも考えられるので。

今は、

喉が、むずむずしてますが(苦笑)。

 

もっとも、市販の花粉症とか、ダストアレルギー用の薬は、ドラッグストアで売ってます。抗ヒスタミンが配合されているものが、売ってますので買えますが。

 

 

日本では発症しないんですが、海外だと、シャワーだけになってしまうので、それで免疫が落ちていて、影響を与えているの可能性も、なきにしもあらずですが、3月4月は、まだ冷え込みますし。結局日本でアレルギー検査しても、なにも出てこないので、原因不明のままではあります。

 

一応、念のため、日本からマスクを持ってくるも、面倒なので、していなかったら、今回は到着後5日で発症してしまいました。

Mamma Mia!!!

 

 

 

 

記事執筆:てんちょー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です