世界の安宿から ロンドンの安宿情報 No. 8 hostel

190

タイトルは、世界の車窓からのパクリです。

さて、ロンドンの安宿・安ホステルのご紹介です。

ホステルワールドで検索しても、ロンドン周辺では、1.2を争うホステルです。

ホステル名: No.8

最低で、7GBP未満(日本円換算 1GBP=150円の場合、 1050円(爆安))

いくつか、系列の同名のホステルがあります。

ひとつは、Willsden Green 駅

もうひとつは、seven sisters 駅の近くに、あります。

 

最近、NASAの発表があり、40数光年先に、惑星が見つかったと。

7つくらい。 その呼び名が、seven sisters でしたね(笑)。もっとも、NASAの人が意識したのは、ドーヴァー海峡の岸壁のほうなのか
(セブンシスターズという)、ギリシャ神話でしょうねー。プレアデス。

 

参考:

https://goo.gl/WAb58o

 

 

昨年の4月に、従業員の人に聞いたら、もう一つ、できる予定だ、と言っていました。が、できてないみたいですね。
トッテナムにもあります。(2017年4月追記 トッテナム以外に、一つ増えています。)

公式サイト:
http://www.no8hostel.com/

 

2017年3月中旬の価格で、最低5GBPとなっています(爆安)。

 

で、個人的には、ウィルスデングリーンと、セブンシスターズ(駅名です。岸壁のほうではないです)の両方に、泊まりましたが。

ウィルスデングリーンには、一か月近く、トータルで滞在しました。

 

で、何が、おすすめなのかといえば、基本的には、普通のホステルです。金額とのバランスでいえば、特に不満も、ないと思います。とにかく、価格ですね。この系列以外に、5つは最低、別のホステルに泊まりました(ロンドン周辺で)。ここより、高くても、設備が不便だったりすることもあります。

 

 

共同キッチンで、共同シャワーで、一回はバーになっている、普通のイギリスのホステルです。

夜はバーがうるさかったりします。初めてロンドンのホステルに泊まったときは、ここではないですが、バーで、爆音がかかっていて、びっくりしましたが。

 

キッチンも、そこまで狭くない。ホステルによっては、3人しか入れない狭さのホステルもあったりしますが、そういうこともないです。

 

ウィルスデングリーンのほうは、ウェンブリースタジアムに行くのに、近いので便利ですね。ウェンブリースタジアムの横に、アウトレットありますし。ロンドン中心部までは、ビッグベンまで、行くのに、電車で30分くらいで行けます。確か、乗換なしです。

 

セブンシスターズのほうは、カムデンマーケットへのアクセスがいいです。あと、稲本選手が昔所属していた、アーセナルのスタジアムも、比較的近いです。

カムデンは、屋台が、いいですね。世界中の料理が集まっている感じで。著作権違反なコピーTシャツとかは、どうでもいいですが。

 

ロンドン中心しか、行かない場合、往復の交通費も考慮する必要もあります。もっとも、ゾーンが変わっても、それほどの差は、電車はないですが。

 

で、クオリティも、一定のレベルにあると、考えています。この金額にしてはですが。

最安の部屋は、20人部屋だったりします(爆)。20人もいれば、一人はいびきのうるさいやつがいるので、耳栓は必須です。というか、ホステルに耳栓は、マストですが。20人部屋でも、寝れます。普通の方であれば。

 

毎日、掃除もしているようです。たまに、使えないシャワーがあったりするのは、もう、この金額では、仕方がないかもしれません。

 

今月第三週から、ロンドン滞在の予定ですが、また、ここに泊まるつもりです。

 

結局、イギリスもアメリカも、一人の場合で、賃貸する場合、通常、シェアする形になると、思いますが、

ここは安いので、イタリア人、スペイン人が、結構住み着いています。要するにロンドンで働いていて、ここに住んでいる、かつ、従業員の人も、住み込みだったりするのですが。一回、従業員の人と、同じ部屋でした。もっとも一時的に住み着いているのか、昨年知り合った3人のスペイン人は、みな、どこかへいってしまったようで(2017年4月)。

 

実際のところ、長期の滞在者の滞在者の場合は、たまたま、他の宿泊者に聞いたところ、以前3ヶ月いて、ちょっとたって、戻ってきたら、2週間はいていいけど、その後は、別の同系列のホステルに移るように言われたそうです。その後半年あいたら、また戻ってきてもOK、と言われたそうです。

 

この系列のどれかに泊まれば、クオリティが分かります。でそのクオリティは、同じ系列の別のホステルも、似たようなもので、価格帯も同じですし、行ったことがないホステルで、いったらキッチンが使いづらいとか、あると、嫌ですし、ハズレを引きたくない、というのがあり。やすければ、何らかの理由があるものですが。ここの場合、中心部までのアクセスに時間がかかる分、安いのかな、と、個人的には、思います。

つまり、中心部まで、時間がかかるわけで、旅行者をターゲットにした場合は、価格を下げる必要があるのかなと。建物自体も、新しくはないですし。大体、地価も高くなさそな街並みのところにありますし。

 

まあ、どこに泊まるか迷っている場合は、選択肢にいれてもいいのではないかなと。

安宿派の場合は。

 

新しいところがいいとか、めちゃくちゃオシャレなところがいいというのではなければ。

 

さらに、この系列はおそらく、どこも一回は、バーなのですが、2017年4月現在、Hostelworld にレビューを書くと、ビール、1パイント無料です。なかなか、太っ腹なサービスだと思います。もっとも、2週間とか、一度に予約すると、一回しかレビューはかけないとは思いますが。

 

 

一階のバーとか、昼間とか、PC持ち込んで、PC使えますし。 ウィルスデングリーンのほうは、キッチンの食べるスペースも、ひろいと思いますので、

個人的には、ウィルスデングリーンのほうが、いいかなと。セブンシスターズのほうは、キッチンは、そこまで広くないので。逆に、外にバーのテーブルがあるので、屋内のバーのところと、屋外のテーブルで、PC使えます。セブンシスターズのほうは。 ただ、歩きだと、セブンシスターズのほうは、大手スーパーチェーンまでが、ちょっと歩きますね。小さい食料品店は、近いですが。

 

 

 

 

また、公式サイトから、予約しようとしても、結局ホステルワールド経由となるようですので、公式サイトからでなく、キャッシュバックサイトを通して、ホステルワールド行くことで、キャッシュバックがもらえます。

 

というは、ホステルワールド経由でしか、予約ができないので、Booking.comでは、出てきませんので、Hostelworldつかっていないと、発見できない宿ですね。直接メールしても、予約できるかもしれませんが。Booking.comでは少なくとも、ここより安い宿はないようです。ので、Hostelworldつかわないと、最安宿を見逃している、ことになります。

 

私の場合、一回の滞在が一定程度あるので、

シェアハウスか、安ホステルが、いいのですが。キッチン付きで、寝れて、シャワーが、温水であれば。

シェアハウスも、ロンドンだと、安くても、4万円くらいはしそうな感じで。

ただ、やっぱり、そこそこのクオリティを、金額にしては保っているので、予約はなるべく早くしないと、長期滞在者が、一定程度、常にベッドをおさえているので、希望の部屋の空きが、必然的になかったりするのかなと、昨年の4月、結構一杯だったことを考えると。ただ、離脱の影響がでて、空いている可能性もありますが。というか、週末は、金額が上がるのですが、週末は、直前だと、空いてない可能性があります。ヨーロッパとか、国内から、旅行者が、来るためだと思われます。

 

4人部屋が、みんな長期滞在者(ワーホリとか)で、部屋があかない、とか、ありえなくもない。

 

日本人が泊まること自体少なそうなので、そこもいいなと。もっとも、ロンドンで日本人ばかり、というのば、滅多ないと思いますが。

ホステル多いですし。留学している方はシェアハウスとかでしょうし。

 

 

ただ、このホステル、一応、38歳までです、泊まれるのが。年齢制限がある場合は、ホステルワールドとかに書いてあります。年齢制限が、あっても、

その年を超えると、絶対泊まれないというわけでは、なさそうですが、空きがない場合とか、若い人が優先されそうな気がしてます。結局、空きがあれば、商売ですので、泊まれるはずです。

 

 

ちなみに、カラオケパーティとかも、やってたりするみたいです。いまはどうかわかりませんが、以前はありました。

 

 

出張コストが、高いと、それを販売する商品の価格に反映しなければ、ならなくなってしまうわけです。もっとも、高級品の荷物が多い場合は、

気をつけないと、危ないですが。安宿は。

 

もっとも、これだけ安いと、荷物置き場として、予約しても、いいくらいな値段ですが。パリに数日行くのに、スーツケースがじゃまな場合とか、

チェーンロックもっていって、ベッドに鍵をかけておいたりですとか・・・。部屋に入るのに、カードキーが必要ですし、チェックインの際は、身分証明書を見せているので、その点は安心です。もっともそれだれで十分ではないですが。

 

 

ヨーロッパは、どこもVAT率が高いので、外食とか、高いですし。あちこち行くと、いくらあっても足りないですし。

 

 

で、キャッシュバックサイトはこちらです。

海外ホステル検索サイトの紹介とお得に泊まる方法(キャッシュバック)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です