国内民間医療保険は、海外で使えるのか?

2014-10-17_192323

ということですが、結論から言ってしまえば、「保険会社に確認すべき」ということになるかと思います。(もっとも、そもそも、法的なアドバイスを、このブログに記載して、どれだけ、検索エンジン側に評価してもらえるのか、という点もありますが。一応・・・法学部卒です(笑)。)

 

医療保険で、たとえば、入院日額1万円給付がある、という場合は、

例えば、オリックス社医療保険 CUREの場合、海外での入院でも、保険金はもらえます(2016年10月確認済み)。ただ、海外旅行保険のように、キャッシュレスで海外の病院で受診できたり、ということはなく、あくまで、入院した場合に、その日数に応じて、保険金が支払われたりする形になります。後払いの形で。

 

ですので、保険に関しては、出発前に、カード付帯のものも含めて、個人的な憶測で使えるだろう、と思うだけでなく、保険会社なり、カード会社なりに、問い合わせ、どういった場合に使えるのか、使えないのかということは、把握されることをお勧めします。

 

カード会社付帯の保険の場合は、そのカードで、航空券買わないと、保険が使えないカードもあったりしますし、また、内容なども不定期で変わったりすることもあり得るので、ネットで検索して出てきたどこのだれのブログだかわらないブログや、プロのサイト・ブログでも、情報古い場合がありますので、その会社に問い合わせるのが、一番確実で、最新の情報が得られるかと、思います。もっとも、医療保険の場合は、大体保険金はおりそうですが。性質上。海外旅行保険とことなり、一日入院でいくら、一回通院でいくらと保険金がきまっていて、たとえば、アメリカにいて、超高額な医療費が、かかる場合でも、たとえば、一日入院して、1万円の保険金であれば、それを払う義務が保険会社にあるだけで、その超高額な医療費を、保険会社がすべて負担しなければならないわけではないですし(海外旅行保険で、病気などの補償が、無制限とはことなり)。

 

さらに、社会保険、国民健康保険も使えます。そこまで調べれば、国内から海外へ行く場合の保険(国内保険)は、完璧ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です