深夜のノマドスポットと、長期・短期滞在者向けノマドスポット ロンドン in London

深夜のノマドスポットと、長期・短期滞在者向けノマドスポット ロンドン in London

ロンドンは、日曜であれば、イケアも、五時で、閉まってしまいます。マックも、店舗によって営業時間がことなり、24時間営業のマックは少ないです。中心部では、ウェストミンスター駅近くのマックが、24時間やっていましたが、割合で言えば、二割以下だと、思います。もっとも、2時3時までの店舗もありますが。

 

で、深夜のノマドスポットということで、昼間であれば、プレット ア マンジャーでも、大英図書館でもいいですが、たまたま、疲れたのか、起きたら夕方で、夜中に、仕事をしようと、24時間営業のマックを探して行ってみました。場所は、あのウェンブリースタジアムの有る駅のとなりの駅から、近い店舗でした。

 

大きなイケアの近くです。既にこの時、22時を回っており、入ろろうと思ったら、イケアのユニフォームを着た、イケアの人らしき、お客さんが、出てきて、あ イケアの人だと、思いながら見ていると

「このお店は、全然サービス良くないよ。袋にポテトをぶちまけやがった 」 みたいなことを言ってきました。

思わず、笑ってしまいましたが。

 

で、ロンドンのマックは、注文が、自動化されてますね レジでも、注文可能ですが。

P_20160416_220044

アメリカでも、何店舗か、昨年、カリフォルニアで行きましたが、これはなかったなー。

 

で、朝まで、ここで、仕事をしようと。

ここは、中心部から、離れているためか、深夜は、人は少なかったです。

中心部のマックも、別の日に夜中に、行きましたが、深夜でも、うるさかったです。

で、見ていると、注文しないで店に居座る人が。注文しても、飲み物だけで、何をするともなしに、寝ていたり。

 

で、3時位に、外にでて、タバコを、すっていたら、店員さんも、 休憩なのか、でてきて、タバコをすってしました。

 

「どっからきたの?」

「日本からです」

「こんにちは(日本語 )」

「こんにちは(笑)」

「こっちで働いてるの?」

「いや、近くの駅近くに、滞在してて、旅行で、来てます」

「あーそんなんだー。まったく、参ったよ。あいつら、注文もしないで、店に居座りやがって、ホテルみたいになってるよ。無料のホテル。あなたは、注文してくれるからいいけど。」

「あはは。あなたは、ボスですか?」

「いや、マネージャー。日本も大変だよね。地震ばかりで。明日も、来てね」(大体こんな感じ)

 

ということで、この日は、二回も、みず知らずの人に愚痴をいわれてしまいました。

 

ということで、中心部から外れたマックは、深夜、お客さんも、少なく、お勧めです(笑)。ちなみにですが、現在のレート1GBP=155円くらいですと、日本のほうが、安いです。アメリカよりも高いかもです。コーヒーが、一杯 1.45GBPくらいでした。ちなみに、充電はできませんので、その点は注意する必要があります。

 

目次

 

最寄り駅は、ニールスデン駅ですが、隣のドリスヒルからも、なんとか徒歩でいけます。かつ、平日の夜10時前はまだ、イケアもやっており、かつ、すぐ近くに 24時間営業のかなり大きいテスコがあるので、時間つぶしも、お土産探しも、出来ます。

 

 

 

で、長期滞在者向けノマドスポットということですが、短期旅行者でも、OKです。

 

その場所とは・・・公共の図書館です。数は結構ありますし、誰でも、入れます。ただ、本を借りたり、PCを借りるには、登録しないと、無理で、イギリスの住所が確認できるものが、必要となります。電源もついている場合もありますので、その場合は、充電も無料。場所に、よって営業時間はまちまちで、ロンドンから離れた小さい都市では、登録しないと、入れる時間帯が制限されていたりします。コピー機とかもあったりするので、カフェとかで、仕事するより、生産性が、高いと思います。集中しやすいですし。周りも勉強していたりするので(ここポイント高し)。さわいでいる人も少ない、ですし。いちゃついたカップルも少ない(ポイント高し)ですし、WIFIも無料で使えますし、無料トイレもついてますし(トイレは有料だったりしますし、駅とか)。 グーグルで、Library で検索すれば、見つかります。営業時間なども、記載がなくても、公式サイトへのリンクから、公式ページに行けば、営業時間も確認できます。

 

以前の投稿も含めてまとめると

ロンドン内 おすすめノマドスポット:

 

・マックやカフェなど

・大英図書館

・公共の図書館(座るところが空いていないほど、人が多かったりします。)

・あと、無料開放しているシェアオフィスがある、そうです(ロンドン内。無料で使えるスペースがあるだけで、無料で借りることはできませんが。)

ですね。

 

大英図書館は、展示もあるので、観光がてら、仕事もできますね。昨年行ったときは、マグナカルタ(大憲章)が、展示されていて、感動しましたが。たまたま、大英図書館がどこにあるか知らずに、近くにいて、たまたま見つけて、いったら展示されていたので(まー、実際見たところで、なにがなんだか、ラテン語でしたし。)。

 

公共の図書館にかぎったことではないですが、イスラム系の方々が、たくさんいます。スカーフを被った学生らしき人達と、隣り合わせで、仕事をするというのも、

日本に住んでいる感覚でいると、なんともいえない、感じではあります。イスラム教徒だからといって、過激派というわけではないですが、シリア難民にも、混じっているわけで、

見分けはつかないですよね。特に、日本人からしたら。イギリス人も、おそらく、あきらめもあるのではないかと、あれだけ、街中にイスラム教徒の人がいたら。ロンドンの人が集まるようなところ以外は、大丈夫じゃねーか、的に考えているのかもしれませんが・・・。

ロンドンから二時間でいけるパリでテロがあり、ロンドンから二時間でいけるブリュッセルでもテロがあり・・・。

 

 

英語ではないですが、ケセラセラ、ということでしょうか?

対策取ろうにも取れないでしょうし、あれだけいて、今は違くても、寝返る人もいるわけで、実際ニュースで、あの国にイギリスから嫁いだとか、以前よく見ましたが、生粋のイギリス人が嫁ぐわけではなくて、現地在住のイスラム系の女性なわけで。

 

 

 

ちなみに

月単位で、シェアオフィスを借りると、安くても、数万円はするようです。