AT&TのSIMカードで日本への通話料を安くする方法 と 日本のフリーダイヤルにかける方法

P_20151117_182049[1] 

 

 

アメリカでAT&TのSIMを使う場合、ロングディスタンスパッケージなどの国際電話オプションを付けると、日本の固定電話向けの通話は、格安になります。

International Long Distance
月額5ドル 250分
(数年前より5ドルに値下がりしています。)日本の場合は、携帯電話への通話は含まれません(国によっては、携帯電話への通話も含まれるのですが)。

そのため、日本の携帯電話へ通話するには、別途残高が必要になります。たとえば、一緒にご旅行中のご友人の日本の携帯電話番号にかける場合でも、アメリカにその相手先の携帯電話があっても、アメリカから国際電話をかけている状態になってしまうため、残高が必要になります。

 

 

 

で、アプリの通話料金が安いのか、AT&Tの基本通話料が安いのかということですが、2016年時点でのAT&Tの基本通話料金は

日本の場合、1.09ドル/1分になります。

 

なので、たとえば、WIFI環境で、データ通信料金がかからない前提の場合、VOIPアプリを使用したほうが、安くなります。

フリーダイヤルへ通話ができる点も考慮しますと、050+か、ブレステルが、いいのかなと、2016年時点では、思います。

 

また、AT&TのSImで日本のフリーダイヤルに発信する方法はこちら

P_20151117_182049[1]
海外から日本のフリーダイヤルに電話をかけられるVOIP電話アプリということで、アプリによってかけられなかったり、かけられたり。かけられないアプリのほうが、多い状...

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です